HOME > 病名検索 > 腰痛
アキレス腱炎,周囲炎,滑液包炎の中国鍼灸・整骨治療
【アキレス腱炎患者様の一言】    
アキレス腱炎

アキレス腱炎で近所の病院で1年以上お世話になりましたが、なかなか治りませんでした。
そんなある日、インターネットで「中国鍼灸整骨院」さんのサイトに出会いました。
「アキレス腱炎」について、他のどこよりも、詳しく又わかり易く解説されていました。「ここならば」と期待を込めて、通院することに決めました。
週に3~4日間くらいのペースで約1月治療して頂いた結果、完全に回復し平常の生活に戻ることができました。
先生に出会えたおかげでアキレス腱炎が治りました。本当に感謝しています。ありがとうございます。ぜひ、同 じ悩みをお持ちの方がいたら鍼治療をおすすめします。

アキレス腱炎の治療に対する取り組みとアプローチ
アキレス腱炎

当針灸院(鍼灸院)の治療目的は、アキレス腱炎患者のできるかぎりの回復の機会を提供することとアキレス腱炎の完全な回復までの時間を短縮することです。
西洋医学治療で回復できないアキレス腱炎炎患者の期待に応えるため、当針灸院(鍼灸院)は30年間、アキレス腱炎の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【アキレス腱透穴針】を開発しました。特殊な鍼と電気の併用でより良い成果を上げています。
多くのアキレス腱炎患者の痺れと痛みが針灸治療後早い段階で回復しました。
治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の95%は回復がよいと考えられます。

アキレス腱炎に対する鍼灸治療

アキレス腱炎患者237名。取穴:阿是穴。
電気針、20分間後、吸い玉20分間。

アキレス腱炎に対する整骨治療
アキレス腱炎
  1. RICE処置
  2. ホットパック温熱療法、冷却、圧迫
  3. 筋と筋膜へのエクササイズ、ストレッチ
  4. 肘部の調整
  5. 日常生活指導
アキレス腱炎の臨床経験
アキレス腱炎

当院の電気治療は、多くのスポーツ選手を中心に、低侵襲で安全かつ有効な治療法として使用されています。
当院では、多くのアキレス腱炎患者の症状を回復させてきました。今も多くのアキレス腱炎が通っていらっしゃいます。
アキレス腱炎患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かな治療を行っています。
治療の結果、多くのアキレス腱炎患者は短期間で正常な生活を送ることができるようになりました。
アキレス腱炎における当院の治療は、効果が抜群で、治りは早く、第一選択であるべきです。頑固なアキレス腱炎になっても、短期、早期回復が可能です。

アキレス腱炎の治療メカニズム
アキレス腱炎 当院独自開発した【アキレス腱透穴針】治療法:アキレス腱と骨との接触部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、アキレス腱組織を健常化する仕組みです。 1.【アキレス腱透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.アキレス腱と骨顆との接触部の血流量が増え、損傷した靱帯を修復します。
4.アキレス腱へ直接に刺激することによって細胞が活性化されます。
5.アキレス腱と骨との接触部の増やした免疫細胞が筋付着部周囲や靱帯の炎症を修復します。
アキレス腱炎治療の実際
アキレス腱炎

1.当院独自開発した【アキレス腱透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

アキレス腱炎患者の声 金井様 29歳 女性
アキレス腱炎  先生方には言葉では言い尽くせないほどお世話になりました。
去年、急に左脚の踵の内側が痛くなり、アキレス腱炎と診断され、いずれ治るであろうと軽く考えて放置していました。
しかし、一向に回復の兆しが見られないため、整形外科で治療とリハビリを9カ月以上通院しましたが、やはり歩くと、踵がいたくなりました。
友人に相談したところ、中国鍼灸整骨院を紹介してもらいました。
鍼灸治療の2回目から痛みが半減し、1ヵ月後には日常生活にほとんど支障がない状態まで回復しました。
今では登山もできるまでに回復し、大変嬉しく感じているところです。どうもありがとうございます。

マスコミ掲載
アキレス腱炎

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』

アキレス腱炎について
アキレス腱炎 アキレス腱炎は、アキレス腱自体が微細な部分断裂によって炎症を起こした状態で、腱のまわりの炎症をアキレス腱周囲炎といいます。 アキレス腱滑液包炎は、液体が詰まった袋状の滑液包の炎症で、かかとの皮膚とアキレス腱の間(アキレス腱後滑液包炎)、またはアキレス腱とかかとの骨の間(アキレス腱前滑液包炎)に起こります。 アキレス腱後滑液包炎では踵骨のハグルンド変形または「ポンプ隆起」と呼ばれる骨棘の形成に関係しています。アキレス腱前滑液包炎はアルベルト病とも呼ばれています。

アキレス腱炎の原因
アキレス腱炎、周囲炎、滑液包炎原因はスポーツ活動や長時間の作業による慢性的なアキレス腱への刺激や間違った靴選びによって発生すると考えられています。アキレス腱付着部の滑液包炎は、適合していないシューズや踵部の異常な動きが原因となって、踵骨後方隆起部にシューズのヒールカウンター部分での異常な剪断力が起こるからです。

アキレス腱炎の症状
1.疼痛:踵骨部の停止部よりも、足関節内果のレベルからやや近位の疼痛が多い。安静時よりも運動時の疼痛が強いが、初期の段階では、運動開始時の疼痛が強いにも関わらず、我慢して運動を継続していると次第に疼痛が軽減してくる特徴がある。疼痛が増強してくると運動中に痛みが持続し、運動修了後も疼痛が続くことがあります
2.腫れ:疼痛部に一致して紡錘状のアキレス腱の腫脹がみられる
3.足首の運動障害や歩行障害
4.軋轢音:足関節の底背屈に伴ってギシギシするような軋轢音を聴取できる

アキレス腱炎の検査
1.アキレス腱の肥厚や圧痛、足首の運動制限など
2.レントゲン検査

アキレス腱炎の診断

腱損傷(けんそんしょう)の変化には、超音波検査やMRIが役に立ちます。診断にはアキレス腱を触った時に疼痛、はれ、圧痛があるかどうかが重要です。

アキレス腱炎の西洋医学治療
  1. 1.痛みを和らげ炎症を鎮めるために非ステロイド性抗炎症薬。
  2. 2.温湿布、冷湿布、マッサージも効果があります。
  3. 3.牽引は、通常役に立ちません。
  4. 4.注射
  5. 5.手術
アキレス腱炎患者の質問と当院返事
■アキレス腱炎患者ME様のご相談

[ ご相談内容 ] :
フットサル、マラソンをしている30歳の会社員です。 アキレス腱の滑液包炎と思われる、かかとの痛みがあります。 一般的な鍼治療やサラシの固定などで治療を行ってきましたが、まったく改善されません。 中国医学で改善可能でしょうか? また、膝の痛みもあります。 右膝の半月板損傷から復帰しましたが、まったく完治していません。 大きな力がかかると膝が伸ばせなくなってしまいます。2日程度で痛みはひきます。 こちらもできれば対応できたらうれしいです。

■当院の返事:
当院の鍼灸治療はアキレス腱炎には、かなり有効です。
当院が開発した特殊な治療法で、治ったアキレス腱炎の方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。
 
■患者様の返信:
1か月ほど前よりアキレス腱滑液包炎の治療をしていただいている会社員です。
おかげさまで、かかとの痛みが無くなり、右膝の半月板損傷も回復しています。 先週日曜日に20KMのマラソンは完走ができました!
大変感激いたしました。本当に有難うございました。御礼方々、御報告申し上げます。

中国鍼灸院・中国整骨院